社員教育の効果を高めるために大切なこと

社員教育は繰り返し行うことが大事

社員教育を一回だけで終わりにしてしまう企業は少なくないです。しかし、社員教育は何度も行うことが重要です。一回の教育で全てを学んで、全てを理解できるのであればいいのですが、そうではない方が多いでしょう。それであれば、同じことの繰り返しであっても何度も実施することが必要なのです。ただし、同じことを繰り返し行うと社員の方が辟易するでしょう。社員が気付かないように表面上は教育内容を変えておくと、飽きないで教育を受け続けることができます。また、効果を高めるために社員のやる気は大事です。社員のモチベーションを維持するためにあめとなる何かを与えるといいでしょう。報奨金や会社持ちの飲み会などでやる気を出してくれるのであれば、それはいい案です。

復習をすることで学びが増える

社員教育の中でもこの復習に力を入れている企業は多くないかもしれません。社員教育で教えたのだから、そのあとは個人で学ぶべきことという考え方があるからです。しかし、復習を社員同士で行う機会などを作ってあげると、高い効果を上げる可能性が高いです。社員同士であればストレスなく話し合いができて、問題点や改善点なども話し合えるでしょう。そのような状況を会社側は作るだけでいいのです。仕事の合間に時間を見つけて社員を集めることができれば、お題を与えることで復習になるでしょう。また、ランチミーティングという方法で復習させるということもできます。ランチを会社が持つとなれば、参加する社員は少なくないです。勉強会を固く考えずに、集まる機会を作るという程度でも勉強会になるのです。