社員教育は、業務に活かせる内容を学ばせるだけでなく、社員間で活発なコミュニケーションを図るために欠かせないものとなっています。また、時間を掛けて社員教育のテーマや期間などを設定することで、役職や年齢、職種などに応じて教育効果を高めることも大切です。

社員教育の大切さ

社員教育は、新入社員や中途社員、管理職などを対象に実施される機会が多くありますが、会社の一員として自覚を持たせたり、業務上の問題を解決に導いたりするうえで大きな意義があります。また、社員教育を成功させるために、一定の教育期間を終えた後も、人事担当者や直属の上司が定期的に面談を行うことも大事です。

会社のルールからビジネスマナーまで!新人の社員教育

新人教育で大事なのは、徹底的に教えるということです。始めの段階で覚えることを覚えてしまえば、後が楽になります。新人たちのことを思えば、徹底的に教え込むことを念頭に置きましょう。そのために必要なのが…

More Detail »

経験やスキルを仕事で活かせる!中途採用者の社員教育

企業が中途採用者を雇用する目的は職務経験を活かして貢献してもらうためですが、計画を立てて教育をしないと意味がなくなります。新しい職場環境で仕事をする時は人間関係がうまくいかないと不安になるため、積…

More Detail »

部下の指導方法をマスターできる!管理職の社員教育

管理職の社員教育で重要なこと

社員教育を成功させるためのポイントは、目標や目的を明確にすること、対象となる社員をキャリアや役職、担当部門などから明確にすることです。管理職を対象とする社員教育の場合、部門全体のガバナンスや部下の指導方法、管理職自身の意識改革などが主な目的になります。中間管理職は多くの場合、自ら現場で営業や企画、サービス提供を行いながら、同時に部門全体の環境づくり、部下の教育、売上げや成績の管理など多種多様な業務をこなさなければなりません。ひと口に管理職教育といっても、新たに管理職となった人材を対象とする教育をはじめ、業務全般にわたる総合的な教育、特定の分野にしぼった教育などがあり、どの部分に力点を置くかによって研修内容や講師の選び方を変えていく必要があります。

新任管理職に行われる一般的な研修内容は?

一般職から新たに管理職に昇進した社員への教育はまず、管理者としての意識付けが重要です。一般社員も管理職も経営者も、それぞれ会社の一部であることに違いはありません。しかしそれぞれの役割や立場には明確な違いがあります。経営者は24時間365日、会社と社員、取引先や株主などのステークホルダーに対して責任を持ち続けなければなりません。一般社員は会社の就業規則や方針、上司の指示に基づき自分にできる範囲で職務をまっとうする責任があります。管理職は経営者の方針を踏まえて部下を動かし、現場から上がってくる情報を経営幹部に伝える橋渡し役としての責任があります。研修では業務運営能力、組織運営能力などから人心掌握やコミュニケーションなど幅広い研修が行われています。

社員教育の方法

社員教育の効果を高めるために大切なこと

社員教育の経験が豊富な外部の専門家に相談しよう

社員の主体性を高められる教育の方法とは